車に乗っている方ならばご存知だとは思いますが自動車税を支払う義務があります。

そして自動車税は査定に出すクルマの買取の際に当然のように還ってくる税金なのです。

このことは現実に自分でやると頭に入ってくると思いますがはじめから順を追って簡単に紹介したいと思いますあえて注意書きすれば、国産で生産されているクルマだけでなくアメ車も税金が返還されることになってきます。

当然所有車なども当てはまります。

自動車税という税金は自動車の所有者が支払う税金で、これは自動車の排気量の大小で定められています。

1リッターより小さいのであれば29500円で1リッターより上で1.5リッターまでが34500円。

これからは500ccごとに5000円ずつ増えます。

そしてこの税金は4月1日時点で車を所有している人が、今年度の全額を納める決まりです。

ということは先払いになるということですので、もちろん自動車を買取してもらって所有権がなくなった場合では先払いした分の税金は返還されるんです。

この税の場合は前払いで年度内の全額を納付するからその年度内にクルマを売った場合は入れ替わった所有者がこの税を負担するということになります。

売却先が中古車買い取り専門店の場合は売却した際に自分が先払いしている分の金額を返金してもらえます。

所有権が移った際以降の税は、新しい所有者が支払わなければならないのです。

もしも10月にクルマを引き取ってもらった際は11月以降来年3月までの税額は戻ってくるのです。

というのも前も述べた通り自動車税というのは先払いであるということからも明らかです。

つまり、売却者は買い取った相手に税金を返金してもらうということです。

個人間で愛車を売買する際に、意外とこうした事実を忘れている方が多くいるためぜひ確認をとるようにしましょう。

自動車税が車の売却で返ってくるという知識をほとんど知っている人が少ないからと言ってその事実を悪用している業者もあります。

自分から返金に関しての話題を出さなければ、そのことに言わないというケースもたびたび聞かれます。

そのため車の買い取りをお願いするさいには、税金が戻ってくるのかどうかを確認することをおろそかにしないようにする必要があります。

Copyright © 2002 www.agrenergycorp.com All Rights Reserved.