私は喘息を患っていました。 生まれて間もないころから、ひどい喘息をこじらせていたようです。 自分では記憶に無いのですが、夜中に咳があまりに酷くて、それにテンパった母は何度も救急車を呼んでしまったようです。 その頃の母は、私の小児喘息が原因で、ほとんど鬱状態になっていたそうです。 そんな喘息に苦しんでいた私がいかにして、その辛い時期を乗り切ったかと言うと、 それはスイミングスクールです。 スイミングスクールに通い始めてから、私の喘息は随分良くなっていったそうです。 生後6か月からスイミングスクールなんて、オリンピック選手を育てようとしている親のようですが、 水泳は喘息の改善に多大な効果があるというのは証明されているようです。 私はそれで体力をつけ、肺を鍛えたことにより、症状を改善させてました。 成人した現在、たまに発作的な咳に悩まされることもあるのですが、その都度、吸引器などで対処しています。 激しい運動は今も控えているのですが、それ以外は何の支障もない生活を遅れています。

Copyright © 2002 www.agrenergycorp.com All Rights Reserved.